事例紹介

モデルケース #008

プロジェクトゴールへの目線合わせができていない

みんなスキルはあるのに、目線がバラバラ。何のために仕事をしているのかすり合っていない。どうすれば目線合わせができるのだろう?

提供できるソリューション

Action

チームビルディングのためのプロセスを取り入れる

Result

プロジェクトの目的を多角的に理解し、チーム全員で共有することができる

自分の役割以外の視点に触れ、お互いに理解を深められるようなプロセスとファシリテーションを提供します。目線合わせや役割の明確化ができるだけでなく、メンバーの関係性強化にもつながります。