UIデザイン

ユーザー体験の最大化を
「手触りのいいUI」で支援

  • ユーザー体験向上
  • 機能のUIビジュアライズ
  • 概念モデリング(OOUI)

Gaji-Laboは、プロダクトの体験向上を「手触りのいいUI」で支援します。
体験やUIの課題を可視化し、使い心地のよいUIデザイン設計を提供します。

UIの改善・分析なら、
フルリニューアルから部分改善まで
おまかせください

  • ユーザーが離脱する原因は、UIの使い勝手の悪さにある?

    あるべき体験と使い心地を実現する UIデザインを再設計。

  • UIを改善したいが、良い始め方がわからない。

    UIの改善点を明確にする「概念モデリング」から始めます。

  • ビジュアルを整えるだけではなく、ユーザーにとって良いUIにしたい。

    専門的な知見と経験をもったUIデザインの専門家が参画します。

  • 実際に見たり触ったりしながら良いUIデザインを探りたい。

    プロトタイプをご提供しながらUIの方向性を検討。

  • ユーザー体験の最良化、直感的に使えるUIを最優先したい。

    様々なアプローチでの手触りの良いUIの検討。

  • 開発の難易度を下げ、実装のスピードを上げていきたい。

    実装の難易度やエンジニア工数を考えたコンポーネント設計。

  • ユーザーリサーチやアナリティクスデータから方向性を検討したい。

    調査方法検討やユーザーインタビュー設計から対応。

Gaji-LaboUIデザインのサービス

Gaji-LaboのUIデザインは、サービスやサイト制作の起点からはじまるUIデザイン、
開発側からのアプローチではじまるUIデザインのどちらにも対応しています。
ユーザーがスムーズに触ることができるインターフェイスと、ブランドの表現をするビジュアルを両立した最適なデザインをご提案します。
オンライン、フルリモートでのヒアリングからデザインのプロセス進行に対応しています。

  • 概念モデリング
    (OOUI,ユースケース整理)
  • ワイヤーフレーム
    情報設計
  • インタラクション
    デザイン
  • プロトタイピング
  • デザインシステム構築
  • UIデザイン改修
  • デザインコンセプト設計
  • ロゴ・アイコン・
    イメージ制作
  • スタートアップ支援
  • その他相談内容に応じて
    ご対応可能です

Gaji-LaboのUIデザイン
3つの特徴

  1. 01.UIデザインを作るための
    最適な体験の設計

    プロダクトの課題や問題に対して、分析と検証を重ねて、具体的な画面のビジュアルとインタラクションを設計します。
    プロダクトでユーザーが接するUIや機能は、ユーザビリティと操作性を達成するデザインで構築します。

    UIデザインプロトタイピング

    画面設計/構成、ワイヤーフレームからUIデザインへビジュアライズを行います。ユーザビリティを考慮し機能性と操作性を達成するUIデザインと、操作感を確かめていただけるプロトタイピングモックをご提案します。

    1. Step 1ヒアリング(オンライン)
    2. Step 2新規画面のUIデザイン
    3. Step 3プロトタイプ作成
  2. 02.開発フェーズにあわせた
    デザイン設計

    サービスやプロダクトの立ち上げのデザイン、UIリニューアルのデザイン、画面や機能のデザイン改修に対応いたします。お客様のチームやプロジェクトにあわせた関わり方やコミュニケーションをもって参加、支援いたします。

    UIデザインサポート

    デザイナーの人手が足りない開発現場へ。要件・概要をオンラインでお伺いし、ワイヤーフレームの作成から画面や機能の情報設計からサポートいたします。ワイヤーフレームをご提案した上で、画面や機能のUIデザインのビジュアライズに落とし込みます。

    1. Step 1ヒアリング(オンライン)
    2. Step 2ワイヤーフレーム (画面構成)作成
    3. Step 3新規画面のUIデザイン
  3. 03.課題や問題を解きほぐす
    UIデザインの提案

    プロダクトの現状を把握し課題を分析した上で、全体的に統一されたデザインと整備されたコンポーネントの最適なUIデザインをご提案します。適切なUXで設計されアクセシビリティを担保したUIデザインにより、サービスやプロダクトの使用体験を向上させます。

    UIスポット改善

    開発主導でつくられた現在のデザインに問題を感じている現場へ。対象の画面について、使用感や印象のボトルネックを解消する改善点をご提案します。ユーザーが使いやすく目的を達成しやすいユーザビリティを担保したUIデザインに具体化します。既定のデザインスタイルにも対応します。

    1. Step 1ヒアリング(オンライン)
    2. Step 2改善の画面のUIデザイン
    3. Step 3プロトタイプ作成

Gaji-Laboが提供できる価値

アイデアをスムーズに繋げながらUIデザインづくりをすすめ、事業の成長に貢献します。

プロダクトとユーザーとの接点を考える

プロダクトの目指すアイデアからユーザーが心地よく使うことのできる接点を設計します。ヒアリングや調査、お客様との議論を通して、事業やビジネスにある課題や目指すべきゴールを達成できる体験を設計します。

  • ヒアリング
  • 画面設計、ワイヤーフレーム
  • 人間中心設計
  • ユーザビリティ
  • プロトタイピング

操作性と見た目を両立するUIデザイン

設計した接点・体験を具体的なUIデザインへビジュアライズします。プロダクトの個性と美しさを表現し、アクセシビリティを担保してユーザが使いやすいプロダクトのデザインをつくります。

  • デザインコンセプト
  • トーン&マナー
  • インタラクションデザイン
  • アクセシビリティ
  • プロトタイピング

フロントエンドと連携して
実現するデザインへ

UIデザインやインタラクションは、開発で実際のプロダクトに実装できるものを設計します。Gaji-Laboのフロントエンドチームと密に連携して、UIデザインを実際のかたちにするプロセスへ繋げていきます。

  • フロントエンド開発
  • インタラクション実装
  • デザインシステム構築

よくある質問

Q1費用はどのくらいかかりますか?
プロジェクトの規模や内容などにより大きく異なるため参考程度の情報となりますが、下記の事例をご覧ください。個別の事情に合わせた最適な提案をさせていただきますので、ご予算や難易度を問わずお気軽にご相談ください。
既存サービス UI改善対応
短期間のスポット改善等
60〜150万円
新規サービス UI設計
UIデザイナー複数名が関わります
200〜600万円
UIデザイン継続開発
継続的な開発と改善を実施
80〜200万/月
新規サービス設計~開発
UIデザイン2名、フロントエンド5名想定
500万/月
Q2UIデザインを依頼するときは、どのように始めるといいですか?
難易度や期間などの個別の事情に合わせてご提案しますので「整理してから相談しよう」と考えず、現状そのままをご相談ください。Gaji-Laboは部分的に作業を請け負う会社ではなく、あなたのチームの一員としてチームワークを発揮します。どのくらい予算をとったら良いのか分からない・状況が荒れていてそもそも整理ができていない・実施の必要があるが社内の稟議を通す難易度が高いなどなど、お困りごとをそのままお話いただけましたら嬉しいです。
Q3どのようにプロダクト開発に関わってもらえますか?
Gaji-Laboはプロダクトチームが回しているスプリントのリズムに乗って一緒にプロダクト開発を進めていくスタイルが得意です。それぞれのチームに合わせ・それぞれの事業に合わせ・そのときどきの状況に合わせて動けることがGaji-Laboの強みであると考えていますので、個別の事情を問わずフロントエンドの専門家が足りていないと感じたときにご相談いただけたら幸いです。

UIデザインのお悩み 無料診断

「使い捨てのデザインでなく、既存のシステムとの連携もしっかり考えられるUIデザイナーを探している」といった、UIデザインに関わるお悩みごとのご相談を承ります。
その他、「この課題、他社はどうしているのか聞いてみたい」といったご相談もお気軽にどうぞ。

送信の前にプライバシーポリシーをご確認ください。

その他のサービス