サービス/プロダクトとユーザーの接点を考えたタッチポイント設計でプロダクトを向上させます

Gaji-Labo はプロダクトの目指すアイデアやメインコンセプトを的確に捉え、ユーザーが心地よく使うことのできる接点として、タッチポイントを設計することが得意です。UXデザインと呼ばれる体験設計の手法やUIデザインとしてのプロダクトモデリングを組み合わせ、そのサービス/プロダクトとユーザーが最もよい形でつながるタッチポイントを目指します。

「チームにデザイナーがいないため、ユーザーとの接点をとう作ったらよいかわからない」「自社にUXデザインの手法を取り入れてもらうきっかけがほしい」「開発手動のプロダクトをユーザーが使いやすい形に変えていきたい」などなど、タッチポイントの設計に関わるご要望やお悩みごとをお持ちでしたら、まずは一度お気軽に Gaji-Labo にご相談ください。

送信の前にプライバシーポリシーをご確認ください。