期末を迎えるので現状をまとめてみる

Gaji-Labo は6月決算なので、期末・期初に向けて色々検討する季節です。
昨年もこの時期に「期が変わるので次の一年のことを考えている」という記事を書きました。今回も同じように振り返ってみようと思います。

この一年は中盤までは世間的にも色々なことが回復傾向になり、Gaji-Labo としても外部要因に振り回されることなく業務に集中出来ていたと思います。後半に差し掛かって戦争や急激な円安・スタグフレーションじみた経済動向などによって予断を許さない状況になってしまいましたが、今のところ業務や取引への影響は出ていません。(おそらくこれから何らかの形で影響があるだろうと想像しています。)

コロナ禍の負債を取り返した

前述したとおり今期は迷いなく業務に集中出来ていました。そのおかげもあり、昨対比で売上高が 40% 上昇し 2019 – 2020 年に発生した赤字を全て解消できそうな見込みです。
Gaji-Labo にとっては珍しく大きく売上高を伸ばせた年でした。多くのお客様・パートナー様、社内メンバーのおかげにより、コロナ禍以前の水準の倍近い売上高になりそうです。本当にありがとうございます。

その過程でミドルマネージャーを中心に組織が再構成され、役員が細かく動かなくてもかなりの業務が遂行できるようになりました。
そのため社内連携がより洗練され、稼働の浮きなどの無駄が減り、売上高の向上に大きく寄与しました。

今期は成長のための準備期間とした

今期(12期)は「期待に応えられる組織でありたい」と書いたとおり、自分たちのスタンダードを見直すことでさらなる成長のための準備期間にしようと決めていました。

Gaji-Labo のスタンダードをより高めようというメッセージを社内に発信し、より自律した組織になるために皆で日々の業務や姿勢について考える機会を増やしてもらっていました。

並行して権限の委譲をすすめ、組織環境にかかわることをみんなで取り組めるようにしました。とくに採用については、面談だけでなく社内プロセス全般を分担するような仕組み化が進みました。

その結果、新しく迎えるメンバーについてみんなが真剣に考えるようになったように感じます。また、メンバーが一緒に働きたいと思う人物像が徐々に共有され、そういう人たちに興味を持ってもらうために自分たちがどうあるべきか・どう行動すべきかという議論も増えました。自分たちが働く環境をよりよくしていくことに皆が積極的になってくれた一年でした。

メンバーみんなの率先した行動と主体性がなければ良い組織は作れません。 Gaji-Labo は良い仲間に恵まれているなと日々感謝しています。

来期は実行と推進をテーマにすることにした

12期はメンバー全員の自主性により、あらゆる場面で自律度が増しました。チーム単位で考えて動くこと・チームを越えて連携することが増え、組織的な練度があがったと感じています。

権限を委譲した分だけ手探りも多かったですが、徐々に今やるべきことが明確になってきたのも12期の成果でした。13期は手探りを終わりにし、成果につながる行動の実行と推進をテーマにすることにしました。

これまでの Gaji-Labo はボトルネックの解消や改善など、新しい取り組みを考えたり組織が有機的に変化する方法を学習したりすることに取り組んできました。そのため、細かな改善や足回りの整備などは得意になったと感じています。

一方で出力を上げたりより大きな成果を達成したりという、事業を運営するうえで重要なエンジン部分についてはあまり目を向けてこられませんでした。無理なく出力をあげる下地は整ったので、これからは成果を追える組織に転換していきたいです。

とにかく採用

とはいえ、これ以上業務量を増やすことはできない現状もあります。出力を上げたいと言っても無理が生じて危機に陥るようなことは本意ではありません。まずは信頼できる仲間を増やすことが重要だと結論づけました。

そのため13期の初期は採用につながる活動にリソースを集約し、成長の原資としたいです。自分たちが必要としている未来の仲間に Gaji-Labo を知ってもらい、合流してもらうことにメリットを感じてもらえるような活動を増やしていきたいです。

13期の成果次第でこのあとの成長速度が決まると考えています。採用環境はかなり厳しい状況ですが、新しいメンバーを受け入れる準備は十分に整っているので果敢に挑戦していきます。
まずは複数チームが相互に連携できる状態まで到達し、採用の次に社内教育に着手できるようになるのが当面の目標です。

Gaji-Laboでは、UIデザイナーを募集しています

弊社では手ざわりのいいUIを通して事業に貢献したいUIデザイナー、一緒にお仕事をしてくださるパートナーさんの両方を募集しています。大きな制作会社や事業会社とはひと味もふた味も違うGaji-Laboを味わいに来ませんか?

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

求人応募してみる!

この機会に、オンラインで気軽に面談してみませんか?

現在弊社では一緒にお仕事をしてくださるエンジニアさんやデザイナーさんを積極募集しています。まずはカジュアルな面談で、お互いに大事にしていることをお話できたらうれしいです。詳しい応募要項は以下からチェックしてください。

パートナー契約へのお問い合わせもお仕事へのお問い合わせも、どちらもいつでも大歓迎です。まずはオンラインでのリモート面談からはじめましょう。ぜひお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせしてみる!


投稿者 Harada Naotaka

受託と事業会社の両方を経験し、沢山の事業を見てみたい気持ちで Gaji-Labo を共同創業。普段は雑用やったりプロジェクトマネジメントやったり、たまにフロントエンドのコードを書いたり。直近は Gaji-Labo をデザイン会社に転換していく課題に挑戦中。期待値コントロールにステ全振り。